三井温熱治療器

  • クリックで画像を表示

※家族みんなの健康管理に・・・
体を温めると病気は治る!
肩こり、筋肉痛の緩解、冷えの解消におすすめ!
使い方簡単。軽量で持ち運びにも便利な三井式温熱器、身体を温めることでの健康促進の秘訣 、身体を温めると病気は治るといわれるように(昔から病気には湯治といわれるごとく、温泉場で1日3回の入浴、それを半年継続で体調は改善するといわれるように、家庭でも入浴と温熱が大切)
○遠赤外線によってからだの深部(皮下4㎝)まで熱が入り、表皮から真皮(皮下1㎜)に熱が通ります。真皮には、毛細血管、神経が網の目のように通っているので、血行を良くして、神経を刺激します。真皮にはいった熱は神経を刺激して、その刺激が視床下部にある自律神経の中枢までいき、特に副交感神経が働くことで、緊張を緩めリラックスしてくるのです。 副交感神経が働くと、
1,末梢神経が拡張して血流が良くなり、冷えや筋肉のコリがとれてきます。冷え性や肩こり、腰痛、ひざ痛、リウマチなどが楽になると。2,消化器(胃腸・膵臓・胆のう)や内臓(肝臓・腎臓・子宮・肺・前立腺などの生殖器、膀胱などの泌尿器)の働きがよくなります。そのために、糖尿病や高血圧、肝臓病、腎臓病、大腸炎、リウマチ、ガンなど、様々な病気の治癒のお手伝いになります。 3,腸内環境が整ってきます。そのため下痢や便秘が治り、免疫力アップ対策補助に。(体温上昇で)。
○温熱による熱エネルギーが細胞に注熱されることで、細胞が元気になります。60兆の細胞が活性化することで、臓器の機能向上や体の活力(体力・気力)を高めるのです。
○注熱により血液やリンパ液の流れが良くなると、詰まっていた老廃物が流れていきます。そのため、血流障害、体液障害、無酸素状態、栄養不足が改善傾向に。
○からだを温め、体温を上昇させます。
○血流がよくなり、体温が上昇すると、免疫の働きをする白血球(リンパ液、マクロファージなど)の働きも活性化して、免疫力が高まります。また酵素やホルモンの働きも活性化されます。
○ガンは39.5℃以上の熱で消滅する 《参考文献『癌・温熱療法の科学』 (P43より) 医学博士 フランク・T・小林(オルタナチィブ選書)》 ということが最近の研究で報告されており、温熱器の熱と遠赤外線は、からだの深部まで到達するためガンそのものを治療する働きがあるようです。注熱によりガン細胞に入った熱は、ガンに栄養を送るガン血管を働かなくして、ガン細胞を壊死させることも起こりうるとの事が書かれています。
79,800円
在庫あり
注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません